メルマガ登録
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
 
 
 
 
 

トップ > Cuvee JF > ドメーヌ ド シャソルネイ サン ロマン ブラン “キュヴェ JF” 2004

ドメーヌ ド シャソルネイ サン ロマン ブラン “キュヴェ JF” 2004

藤小西限定キュヴェ 

2000年1月、幸運にもブルゴーニュ地方サン ロマンの地に1ヘクタールのブドウ畑とご縁が出来ました。そして始まったのが、この“キュヴェ JF(ジェイエフ)プロジェクト”。ブルゴーニュのスタードメーヌ、シャソルネイのフレデリックと藤小西の‘F’、そして新井順子女史の‘J’がその名の由来です。 

「ブルゴーニュでは数少ないビオディナミを実行している、今注目される若い醸造家の1人フレデリック コサール(Frederic Cossard)氏。最近ではフランスの某有名ワイン評論家が「ロマネ コンティのCuveeに匹敵!」と高い評価を下し、彼のワインはますます入手困難となりました。昨年の来日で今ではすっかり有名人。でも彼の人柄に触れた人はフレッドがどんなに気さくでワイン好きで、情熱溢れる人柄かはお分かり頂けるはず。そんな彼から1999年12月、日本に突然連絡が入りました。

ー ブルゴーニュで念願の畑が売りに出た、たった1haだけども是非購入したいが・・・。ー

ブルゴーニュの畑はご存知の通り非常に高い、でもなかなか売りに出ない。相続や特別な事情がないと入手が難しいのです。まだ始めたてのドメーヌに1haの畑を新たに買うのは無理な話・・・。でも折角のチャンスが!そしてこのJFプロジェクトが生まれたのです。1人なら大変だけども、2人で力を合わせようと! フレデリックが畑の全オーガナイザーとなり、ワインの醸造は彼と新井順子が行います。フレデリックと藤小西の‘F’・順子の‘J’がその名の由来です。2000年1月に緊急渡仏。畑の状態をチェックし、お互い意思の確認を行いました。そしてプロジェクトがスタートしたのが、今から5年近くも前の事です。

昨年と同様、キュヴェ セレクションにしました。何故なら2002年まではフィルター処理を変えておりましたが、2003年で証明されたように、私が好きな樽を3樽最初に選び、それをフレデリックの感性に任せ、通常CuveeとJF Cuveeを別にボトル詰めした方が結果が良いのです。それと2003年からは私もフレデリックもフィルター処理はしない方法で意見が合致し、2人とも醸造において喧嘩をしなくなったのです。
 
ワインとは面白いもので、同じ畑のぶどう・同じ収穫・同じプレスをしても樽が違えば当然発酵のスピード、味わいが変わってきます。ワイナリーに行くとよく、隣の樽が違う味に感じた経験はありませんか?ですからバレルセレクションの方が結果的に得です!フィルターは一切行いません。勿論二酸化硫黄(SO2)を添加していません。

今年のドメーヌ ド シャソルネイは全体的にサン ロマンのAOCが突出して抜き出ております。これはどうしてだか不思議なのですが、2000年にフレデリック自ら植樹した結果が5年後に目に見えて出たのでは?と推測されます。たった5年でこの違いです。ですから来年、再来年はもっと期待出来ると思います。まあ難しい理論より昨年のボトルをお持ちでしたら飲み比べてみてください。赤も白も天然アルコール度数13度以上です。そして2004年独特の酸味とミネラル香が特出しております。もう言う事なし!」
(新井順子女史レポートより)
価格 : 5,400円(税込)
750ml
数量
 

フランス ブルゴーニュ

熟成中
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ